お金を返してもらう>請求

お金を取り戻す

お金を返してくれない、給料を払ってくれないなど様々な金銭トラブルがありますが、特に少額ですと話し合いで解決ができない場合は、訴訟をしても費用がかかるし時間もかかると泣き寝入りをしてしまうケースもあると思います。
 
話し合いで解決できない場合や返金されない場合は諦める前に次の手立てとして内容証明、そして民事訴訟よりも簡単な手続きでできる少額訴訟、支払督促などがあります。

少額訴訟

特徴
・早い:通常、1回の期日で審理が終わり、判決が言い渡されます
・安い:請求額によって違いがありますが、一万円程度の費用で済みます
・簡単:一人でも行えるように工夫されていますので、難しい手続きはありません
 
注意点
・60万円以下の金銭の支払を求める場合に限る
・相手の住所・所在地がわからないと利用できない
・言い分が認められても分割払、支払猶予、遅延損害金免除の判決がされることがある
・判決に不服があっても控訴ができず、異議申し立てに限られる

支払督促

特徴
・書類審理のみで裁判所に行く必要がない
・安い:手数料は訴訟の場合の半額
・簡単:一人でも行えるように工夫されていますので、難しい手続きはありません
 
注意点
・金銭の支払などに限られる・相手の住所・所在地がわからないと利用できない
・相手が異議を申し立てると、請求額に応じて民事訴訟の手続に移行する


  

少額訴訟・支払督促・内容証明の専門家−債権回収


注意事項
本サイトで公開している各種文章は、万全を期していますが確実性を保証するものではありません。自己責任においてご利用ください。また本サイトのご利用において万一損害が生じた場合でも、当サイト運営者は一切の責任を負いかねます。

返金請求・債権回収方法

スポンサード リンク



リンク

ページのトップへ戻る