返金方法TOP>内容証明TOP

内容証明郵便

例えば、友人にお金を貸したが、なかなか返ってこない場合は、普通はまず、電話や直接会い口頭で催促すると思います。
 
そのときは、相手がいつまでに必ず返すといった言葉を信じるが、結局、期限日が過ぎても返ってこないなんてことも残念ながらあるかと思います。
 
そんな時に、次の策として考えられるのが内容証明郵便です。
 
内容証明郵便とは、郵便局が相手側に郵便を送達した事実とその郵便物の内容を証明してくれます。
 
簡単に言うと、手紙の書いた内容と、送った日を郵便局で証明できるということです。
尚、後述しますが、内容証明を送る際に「配達証明」を付けないと、返金請求の内容証明を出した意味がなくなる恐れがあります。
 
そのほか、内容証明郵便ではいくつかのルールがあり、ルールが守られていないと郵送することができません。

このサイトでは内容証明を出そうと思った時から、その後の対応を説明していますが、内容証明はこんな感じなんだと思って頂ければ幸いです。


  

内容証明−債権回収


注意事項
本サイトで公開している各種文章は、万全を期していますが確実性を保証するものではありません。自己責任においてご利用ください。また本サイトのご利用において万一損害が生じた場合でも、当サイト運営者は一切の責任を負いかねます。

返金請求・債権回収方法

スポンサード リンク



ページのトップへ戻る