返金方法少額訴訟

少額訴訟制度

日常、様々なトラブルが発生しますが、60万円以下の金銭トラブル解決方法の1つに少額訴訟があることをご存じでしょうか。
 
なかなか親しみが沸かない訴訟という言葉。何か難しいことでもしなければならないのかと思われがちですが、少額訴訟は弁護士などの専門家にお願いしなくても一人で行えるような仕組みになっているので、決して難しいものではありません。
 
また、通常一回の期日で審理を終えることを原則としていますので、迅速な解決が見込まれます。

少額訴訟のメリット
早い:通常、1回の期日で審理が終わり、判決が言い渡されます。
安い:請求額によって違いがありますが、一万円程度の費用で済みます。
簡単:一人でできるように工夫されていますので、難しい手続きはありません。

  

条件がある

このような特別な制度ですので、少額訴訟の利用条件でも説明していますが、「60万円以下のお金の支払い請求のみ」や「相手の住所・所在地がわからないと利用できない」などといった利用条件があります。
 
このサイトでは少額訴訟を起こそうと思った時から判決後の対応の流れを説明していますが、少額訴訟はこんな感じなんだと思って頂ければ幸いです。

少額訴訟

少額訴訟予備知識

スポンサード リンク



ページのトップへ戻る